劇的人生

 

- Dramatic Life -

feat. KTY

2020.4.29 Released!

Listen on

 配信リリース2作目となるシングル作品。グッド・ライフ・フェロウズのアンセムを担うこととなるシンガロング曲。ハッピーなムードがありつつも、いつかどこかで必ず訪れてしまう大切な人との別れを心に生きることを誓うような人生讃歌である。

 客演にラッパーのKTY(MONJU N CHIE)を迎え、ジャケットデザインはindigo la Endやお笑い芸人 Aマッソのアートワークも担当するイラストレーターmegumi yamazakiが手掛けた。

---

Written by サトーカンナ
Arranged by グッド・ライフ・フェロウズ

Lyric & Rap: KTY (MONJU N CHIE)

Vocal: サトーカンナ
Guitar & Chorus: 三輪卓也

Bass: ウエグチサトシ
Drums & Chorus: 高橋昌大

Keyboard: Fumihiro Kaneko (Via tov)

Record & Mix: 中村公輔

Record at: Studio CRUSOE, Shinkai Studio

Artwork: megumi yamazaki

Distributed by: FRIENDSHIP.

Comments

KTY (MONJU N CHIE)

「世界のすべてを 君に伝えよう やがて来るお別れまでに」自分にとって〝世界の全て〟ってなんだろう?そんな意識でリリックを書きました。仕事中のコーヒー、昼休みの野菜ジュース、友達と集まって飲むお酒。色んなドリンクで流し込みながらその中に消えていく愛しい瞬間や、誰かの表情そのひとつひとつを噛みしめるように聴いてもらえたら嬉しいです。

megumi yamazaki (イラストレーター)

この曲を初めて聴いたとき、この場所に居合わせてることが奇跡みたいに感じました。人生を重ねていくと新しい出会いや発見があるけれど、逆に離れていくものもあると思います。フェロウズはそれすらも抱きしめて演奏をしているから大好きなんです。素敵な作品に関われたことを誇りに思います!リリースおめでとう。こんな時期だからこそ、ぜひ聴いてみてほしい作品です!

サトーカンナ(グッド・ライフ・フェロウズ)

​昨年の夏、台湾で開催されたmegumi yamazakiの個展を訪ねるため友人と突発的にでかけた旅行をきっかけにこの曲を書きました。台北の暑さ、夜の空気、すべてが輝いて感じられたのは、この時がずっと続くものではないことを私が知っていたからです。仲間や家族、恋人などあらゆる関係に別れはつきもので、その別れの予感が人生をドラマティックなものにしてくれていると私は思っています。

About us

グッド・ライフ・フェロウズ(GOOD LIFE FELLOWS)

2019年3月にサトーカンナ、ウエグチサトシ、高橋昌大、三輪卓也によって、前名義「サトーカンナ&グッド・ライフ・フェロウズ」として結成。「よき仲間とよき人生を!」をコンセプトに、生きるよろこびに満ちた多彩な楽曲を制作する。2019年10月に初の3曲入りEP『ア・ラ・モード夏'19』を配信リリースし、ライヴ会場とWEB限定でワード&フォトブックも発売。今作の配信シングル『劇的人生 feat. KTY』から「グッド・ライフ・フェロウズ」に改名した。

Copyright © Good Life Fellows All rights reseved.
  • Twitter
  • Instagram